FF5にもちょこっと登場しているクラシック音楽、ドビュッシー作曲「アラベスク」

この記事は2分で読めます

クラシック音楽とはあんまり縁がないと思ってるあなた。

実は意外なところでクラシックと遭遇している事もあるんですよ。

 

例えばこちら。

スーパーファミコンの名作ゲーム、ファイナルファンタジー5。

 

このゲームにもちょこっとクラシック音楽が登場しています。

このシーン↓

 

ちょっと隠し要素的なので、スルーしちゃってる人も多いかも^^;

この曲は、ゲームのオリジナルではなくクラシック音楽です。

 

そしてこの曲のタイトルはというと 、

 

クロード・ドビュッシー作曲

「二つアラベスク」より第1番

 

キラキラした響きがきれいな曲です。

音が模様を描いていってるみたい。

 

聞いていて、幸せな過去を夢で見ているようなイメージが湧きました。

夢から覚める寂しさと、それでも 今日も良い一日になるといいな という前向きな気持ちを感じます。

 

 

 

「アラベスク」とはアラビア風の唐草模様

元々「アラベスク」とは アラビア風の という意味です。

「ジャパニーズ」みたいなものですね。

 

美術用語での「アラベスク」は、アラビア風の唐草模様の事です。

アラベスク模様は建築物の装飾などで使われます。

 

音楽用語での「アラベスク」は、そのアラベスク模様をイメージして作られた音楽です。

アラベスク模様と同様に、幻想的で細部まで作りこまれているのが特徴。

 

 

 

第2番もあります

「二つのアラベスク」の名の通り、第2番もあります。

第1番を気に入ったあなたは、ぜひとも第2番も聞いてみてくださいね^^

 

第1番の優しくきらめく感じとは打って変わって、楽しげで軽やかな曲です。

少し忙しいけど一日楽しく活動しているようなイメージです。

第1番と続けて聞くと、実際に良い一日になったようで嬉しい(^^♪

 

 

 

あなたにも素敵な一日が訪れることをお祈りいたします(^-^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

名前:二川 倫
ヒット曲には付いて行けなくて、クラシックを聞き始めた。

世間の流れに付いて行けないならクラシックを聞こう。
流行りなんかには染まらずに、自分だけのお気に入りを見つけましょう。

だけど、クラシックは敷居が高い……。
そんなあなたのために、音楽用語の解説と、気分に合わせた音楽の紹介をしています。

詳しいプロフィールはこちら