目次

音楽知識

そもそも「クラシック音楽」が何なのかよくわからない

クラシックでタイトルがあったりなかったりするのは何故?

クラシック音楽の全体像を掴むための4つのジャンル分け

オムライスの定義が適当なように交響曲の定義も適当

ピアノ協奏曲(コンチェルト)ってピアノと何が協奏するの?

室内楽の反対は野外音楽ではないっぽい

いざ聞かれると困る「ソナタ」の意味、実はかなり簡単

 

 

作曲家別 名曲紹介

 

ヴィヴァルディ(1678-1741)イタリア

冬といえばやっぱりこの曲! ってちょっと安直すぎ?(汗) ヴィヴァルディ作曲「冬」

 

バッハ(1685-1750)ドイツ

あなたの知っているG線上のアリアは本当にG線上のアリア?(管弦楽組曲第3番 第2曲「アリア」)

 

モーツァルト(1756-1791)オーストリア

充実した一日の夕暮れをイメージさせる曲。モーツァルト作曲「クラリネット五重奏曲」

 

ベートーヴェン(1770-1827)ドイツ

意見がぶつかることを恐れない。そんな気分になれる名曲 ベートーヴェン作曲「クロイツェル」(ヴァイオリン・ソナタ 第9番)

 

ボロディン(1833-1887)ロシア

トキメキ感に浸りたい時に聞きたい曲。ボロディン作曲「弦楽四重奏曲第2番」

 

ドビュッシー(1862-1918)フランス

迷いを振り切り走りだす! そんな気分になれる音楽、ドビュッシー作曲「スコットランド風行進曲」

FF5にもちょこっと登場しているクラシック音楽、ドビュッシー作曲「アラベスク」

 

サティ(1866-1925)フランス

何となく色んなモノが信じられない時にピッタリな音楽 サティ作曲「グノシエンヌ」

真夏の日差しの中で見る幻のような音楽 サティ作曲「ジムノペディ」

 

ラヴェル(1875-1937)フランス

フィギュアスケートでお馴染みだけど、ちょっとヘンテコな曲。ラヴェル作曲「ボレロ」

心が健康な時にはあんまり聞きたくならない音楽。ラヴェル作曲「ピアノ三重奏曲」

 

RETURN TOP

プロフィール

名前:二川 倫
ヒット曲には付いて行けなくて、クラシックを聞き始めた。

世間の流れに付いて行けないならクラシックを聞こう。
流行りなんかには染まらずに、自分だけのお気に入りを見つけましょう。

だけど、クラシックは敷居が高い……。
そんなあなたのために、音楽用語の解説と、気分に合わせた音楽の紹介をしています。

詳しいプロフィールはこちら