いざ聞かれると困る「ソナタ」の意味、実はかなり簡単

この記事は2分で読めます

クラシック音楽で定番の「ピアノソナタ」や「ヴァイオリンソナタ」。

だけど「ソナタって何?」なんて聞かれても「さぁ…?」って感じ。

 

ヘタにクラシックを聞いてるアピールをして、意味を聞かれるとちょっと困る。。

そんな時のために、今のうちに「ソナタ」の意味を覚えちゃいましょう^^

 

 

 

「ピアノソナタ」の意味は「ピアノ曲」

ソナタの意味を調べてみると、イタリア語で「演奏されるもの」というのがよく出てきます。

「演奏されるもの」と言われても、遠回りで分かりにくいですね^^;

 

「演奏されるもの」って、つまりは「曲」とか「音楽」です。

「歌う」ではなく「演奏」なので、楽器に限られます。

少し丁寧に言うと、「ソナタ」は「楽器で演奏する曲」となります。

 

「ピアノソナタ」だと楽器がピアノと特定されてるので、「ピアノで演奏する曲」、「ピアノ曲」。

単純明快^^

 

 

 

「ヴァイオリンソナタ」は「ヴァイオリンとピアノで演奏する曲」

「ピアノソナタ」が「ピアノ曲」なら、「ヴァイオリンソナタ」は「ヴァイオリン曲」だね♪ って思いますよね。

でも実は違う!

 

ヴァイオリンソナタはドイツ語だと「Sonate für Klavier und Violine」と書きます。

これを日本語にすると「ヴァイオリンと鍵盤楽器のためのソナタ」。

(鍵盤楽器の代表はピアノ)

 

つまり「ヴァイオリンソナタ」とは、「ヴァイオリンとピアノで演奏する曲」なのです。

なぜかピアノが省略されてる( ̄□ ̄;)!!

 

他の「○○ソナタ」でも同様に、曲名ではピアノが省略されます。

そうなっちゃったものは仕方がないので、○○ソナタにはピアノが登場するものだと思ってください^^;

 

 

 

ピアノ以外の単独演奏は「無伴奏」

もちろんピアノが登場しないソナタもあります。

それが「無伴奏○○ソナタ」。ピアノ無しの単独演奏です。

たしかに伴奏が無いなら一人で演奏するってことですが、分かりにくい言葉ですね(^^;)

 

ドイツ語だと「無伴奏ヴァイオリンソナタ」は「Sonate für Violine solo」と書きます。

solo(単独)とストレートに書いてあるのに、日本語だと「無伴奏」になっちゃいました。

素直に「独奏」とかにした方が良かったんじゃないかな( ̄∇ ̄;)

 

 

 

「ソナタ形式」は「○○ソナタのための形式」ではない

ソナタと似た言葉で、「ソナタ形式」というものがあります。

ソナタ形式は歌がなくてもドラマ性を演出できる、わかりやすくて聴き応えのある形式。

「○○ソナタ」のための形式ではなく、「楽器で演奏する曲」全般で使われる形式です。

 

○○ソナタはもちろん、交響曲や協奏曲、弦楽四重奏曲などもソナタ形式が使用されます。

ソナタ形式の具体的な説明は また別の機会に。

 

 

このソナタ形式が出来上がったのは、音楽史で古典派と呼ばれる時代。

古典派以降の「○○ソナタ」は第1楽章がソナタ形式。

古典派以降の「○○ソナタ」は、ソナタ形式で作られた曲とも言えます。

 

しかし、古典派よりも前のバロック時代の「○○ソナタ」には当てはまらない。

 

 

少し分かりにくいので整理します。

バロック時代の○○ソナタ = その楽器で演奏する曲。

古典派以降の○○ソナタ = その楽器で演奏する曲 かつ 基本的に第1楽章がソナタ形式。

 

「ソナタ」と「ソナタ形式」の関係性にはご注意を^^;

 

 

 

これで聞かれても安心♪

改めて「ソナタ」とは何かと聞かれた時の答えをまとめてみます。

  • ソナタとは「楽器で演奏する曲」という意味
  • ピアノソナタなら「ピアノで演奏する曲」になる
  • ピアノ以外の○○ソナタは、曲名からピアノが省略されてる

 

これだけ覚えてれば、「ソナタって何?」って聞かれても安心ですね^^

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  • コメント (2)

  • トラックバックは利用できません。

    • Gustav2016
    • 2016年 10月22日

    とても解りやすいスッキリした解説で、知識、知性の高さが感ぜられ、この方解説なら素直に頭に入りました‼

      • 二川
      • 2016年 10月24日

      解りやすいと言っていただけて嬉しいです(^▽^)
      ありがとうございます。

プロフィール

名前:二川 倫
ヒット曲には付いて行けなくて、クラシックを聞き始めた。

世間の流れに付いて行けないならクラシックを聞こう。
流行りなんかには染まらずに、自分だけのお気に入りを見つけましょう。

だけど、クラシックは敷居が高い……。
そんなあなたのために、音楽用語の解説と、気分に合わせた音楽の紹介をしています。

詳しいプロフィールはこちら