あなたの知っているG線上のアリアは本当にG線上のアリア?

クラシック音楽でもトップクラスの有名曲「G線上のアリア」。

あなたもこの曲を聞くと、「あっ、聞いたことある」って感じるはずです。

 

 

ですが本当は、

この曲はG線上のアリアではありません!

 

 

この曲は、

ヨハン・セバスティアン・バッハ作曲

「管弦楽組曲 第3番」 より 第2曲「アリア」

 

 

 

本当のG線上のアリアはアレンジされたもの

実は「G線上のアリア」というのは、バッハが作ったこの曲をアレンジしたものです。

後世のヴァイオリニスト「アウグスト・ウィルヘルミ」がヴァイオリン曲にアレンジしました。

 

 

「G線」とはヴァイオリンの一番太い弦

「G線上」の「G」と言うのは、ドイツ語や英語で「ソ」の音を表しています。

そして、「G線」とはヴァイオリンの弦の一つです。

 

ヴァイオリンには4本の弦があり、それぞれの弦を指で押さえることにより音程を変化させます。

音を変化させずに弾いた場合は、一番太い弦は「ソ」の音が出ます。

 

「G線」とは、その「ソ」の音が出る弦のことを表しています。

G線のみを使って弾く曲だから「G線上のアリア」というタイトルになりました。

 

 

G線だけだと暖かい音になる

ヴァイオリンは単純に高い音を出すなら、他の細い弦を使った方が出しやすいです。

ですが、あえて一つの弦のみを使うことで、音の移り変わりを滑らかにしてます。

横の弦に移るとパッと音が切り替わりますが、弦の上で指を滑らせて音を変化させれば、うにょーんとした音の動きが出ます。

 

そのほかにも太いG線ならば、高い音を出しても 落ち着きのある暖かい音色になる という効果もあります。

(細い弦はかん高い音になる)

 

このような理由で、G線のみで演奏します。

 

 

「アリア」はオペラの独唱

オペラ(セリフのほとんどが歌になっているお芝居)などで、感情たっぷりに歌い上げる曲の事です。

この曲は歌ではないものの、オペラのアリアと同様に、感情たっぷりに歌うように演奏する曲です。

 

アリアは「AIR」と書くのですが、アリア以外にもエールと読んだり、エアと読んだりもします。

 

 

 

 

実際にどう違うのか気になったなら、こちら↓の「G線上のアリア」と、管弦楽組曲第3番のアリアを聴き比べてみてください^^

古い音源なのでノイズが入ってますが、

それも味の一つということでご容赦ください^^;

8 件のコメント

  • 若い時には、わからなかった~切ない感じが…。
    今…この歳になって(46才)ようやく分かったような気がします。

    • >>ハルさん
      コメントありがとうございます。

      このメロディは過去の思い出を
      呼び起こしてくれるような力がありますね。

      きっと人生経験を積むにつれて、
      より深く心に響くのだと思います。

      またいつか、時がたってこのメロディを聞けば、
      それまでとは違う新しい感じ方ができそうです。

  • つまりアレンジされた物の名前がG線上のアリア?
    原曲の名前がG線上のアリア? この記事と動画の名前が一致してなくて分からないです。

    • うまくお伝え出来なくて申し訳ないです><

      原曲はバッハ作曲の「管弦楽組曲第3番」の第2曲「Air」。
      それを後世の音楽家がアレンジしたものが「G線上のアリア」です。

    • ページ上部の管弦楽組曲は、
      カール・リヒター指揮、ミュンヘン・バッハ管弦楽団の演奏です。

      CDはamazonだと↓のリンクのものなどがあります。
      https://www.amazon.co.jp/dp/B00005FHNB
      他のサイトでも「リヒター バッハ 管弦楽組曲」などで検索すると出てくると思います。

      ページ下部のG線上のアリアは、
      ブロニスラフ・フーベルマンのヴァイオリン演奏です。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。